A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

大河ドラマ、真田丸でも描かれる、真田幸村

僕は、テレビは、ほとんど観ないのですが、この真田丸だけは、

毎週、観ています。

理由は、僕が、戦国武将の中で、この真田丸の主人公でもある、

真田幸村のことが1番好きだからです。

理由は、色々あるのですが、1番の理由は、

この幸村が僕の中では、憧れの人物だからではないかと思っています。

そもそも、きっかけは、小学生の頃に、(懐かしい!!)

後ろのロッカーの上に置いてある、本の中に、漫画で、学べる日本史の

真田幸村を読んだことでした。

今、1番記憶に残っているのは、大坂夏の陣で、家康を追い詰めて、退散させた後、

一人で、神社の境内で、休んでいる時に、敵兵に見つかり、死を観念したシーンです。

当時は、武将を討つと、もちろん、大手柄になるので、幸村は、覚悟を決めて、

その兵に、自分の首を持って行きなさいと言うわけです。

ですが、相手は、何か、躊躇した様な印象を持っています。

あなたのような素晴らしい人を討つことはできません。このまま、生きてくださいと。

 

幸村は、生き延びて、余生を安寧に暮らしたと言う説があります。

悲劇で終わるのではなく、僕は、生き延びて、その先、安心して、

自分の人生を終えたという方がしっくり来ます。

物語の結末は、やはり、ハッピーエンドがいいなあというのが、今の僕の信条です。

 

幸村は、裏切りや、誹謗中傷が横行する中、少数派でありながらも、

家族との愛や、周囲との信頼関係を大切にするという、自分の信念を大事に、

戦国の世を生き抜いた。

その後、大坂の陣で、大活躍をして、余生をゆっくりと安全に守られて過ごした。

これが、今の僕にとっての、憧れの人物、真田幸村です。

 

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー