A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

ガラス屋のご主人

先日、ガラス屋さんに家のテーブルのガラスを持って行った。

理由は、新しいテーブルを買った当日に、車から降ろした時に、

落としてガラスが粉々に砕けてしまったため、

新たに、買ったテーブルに合わせて、家のお古のテーブルのガラスを

切ってはめ込んでもらうためだった。

店で、ご主人に「もし、万が一、ガラスが壊れても、弁償しないよ。」と

いう話を聞いた。

純粋にガラスを買うと、いくらになるか値段も聞いた。

加工だと、2~3,000円、買うと、8,000円だそうだ。

それについては、「わかりました。」と言って、了承した。

壊れることもあるのだということをある程度覚悟した。

そして、店を出る時に、「よろしくお願いします。」と言って、

頭を下げて、お願いした。

是非、やり遂げて欲しいという気持ちからだ。

完成品を見るのが楽しみだ、という思いで、店を後にした。

 

その後、家に、できたという連絡があった。

店に、テーブルを取りに行った。

そこには、見事に、完成したテーブルがそこにあった。

テーブルを受け取る時に、「ありがとうございました。」とお礼を述べた。

僕は、嬉しくて、笑顔になった。

彼は、今度は、少し、険しいような、難しい顔で、依頼した時と同じ事を言った。

「壊れても、弁償は、できなかったからね。」

作業が大変だったからだということだからだろう。

僕が「腕を信じていましたから。」と伝えると、

彼は、満面の笑みを浮かべて、声を出して、笑った。

僕たちは、お礼を述べて、店を後にした。

 

※これがご主人にガラスを切って作ってもらったテーブルです。

 ようやく、僕の部屋に置くことができて、幸せです。よかった。

f:id:ms-present:20161127114911j:plain

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー