ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

時間の過ごし方

僕は、大半は、パソコンを前に読書したり、文章を書いたりして、

1日を過ごしています。他にも、自分の分だけですが、食事を作ったり、

ネットサーフィンをしたり。家にいるときには、もちろん、風呂やトイレ、洗濯、

部屋の掃除、お茶など、やることは、いっぱいあります。

どれも、そのことに専念して、ゆっくりやるようにしています。

今の僕の仕事と言えば、親の手伝いや話し相手になること。花壇に水をやり、

花や、野菜に愛情を注ぐことでしょうか。あまり、無理に急激にやると、

あとでしわ寄せが来るので、あまり、過剰にしないで、できる範囲で、

こつこつとやっているという感じです。

ですから、以前の自分に比べると、だいぶ、自分のペースで、

生きられるようになりました。まだ、人に過剰に合わせてしまう癖や、

人に従ってしまったりして、後からきつくなってしまうという所もありますが、

こんな所を修正して、自分のやりたいことに専念する努力をしています。

そんな、ゆっくりとした時間を過ごすことで、周囲との愛や調和を育てていく、

訓練にもなっていると自負しています。

人は、みんな、やりたいことをやっている時が一番、明るいし、

輝いた表情をしていると思います。苦悶に満ちた顔をしている人達は、

自分のしたいことを我慢して、思考で物事を捉え、

感情や気持ちを大切にしていない方が多いのではないでしょうか。

思考している時には、有効な解決策は、あまり見出せないと思います。

それは、なぜか。行動することを恐れているからだと思います。

思考して、考えて、悩んでいる時には、その現状を変えないことに、とても

メリットがあるからなのです。

例えば、いつも苦手な人と一緒になることが多い人にとって、

そのことを悩んでいる場合、そこには、多くのメリットともちろんデメリットが

存在しています。何だと思いますか。

例えば、メリットは、一人でいるのがさみしいが、肯定的な関わり方がわからなくて、

誰でもいいから、人と一緒にいたい。

苦手な相手ででも、一応、自分と付き合ってくれるから、人間といるという目的は、

達成されますよね。デメリットは何でしょうか。一緒にいることが苦しくなる、辛い。

そういう二つの側面があって、その人と一緒にいることを選択しているのですね。

苦手だから、どうしようかと考える前に、自分にとって、その人といることが

メリット、デメリットがあると気づいただけでも、少し、その問題から、

離れたような気がしませんか。

悩んでいるというのは、行動することによって、

メリットが失われてしまうことに対する、恐れがあるのかも知れませんね。

たとえ、行動して、メリットがなくなったとしても、苦手な人にこだわるより、

自分に合った人と、肯定的な関わりがもてるにつれて、今まで、

付き合っていた苦手な人との関係性も、いい方向に変わってくる可能性は、

ありますよね。苦手な人と無理に付き合うのではなく、合わせるわけでもなく、

単に気にならなくなってきて、自分は自分で、そのことに囚われずに、

やりたいことに専念できて、集中できるようになると心も身体もしんどくなく、

楽になると思います。

そんなことを思いながら、僕は、毎日を前向きに捉えて、楽しく、明るく、

やっていく分量を少しずつ、増やしています。

そして、今日も、パソコンの前のあなたと、つながっている時間を楽しんで、

過ごしています。

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー