A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

宝くじを買いに行って。

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日は、クリスマスイブですね。

皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

僕は、今日、プリンタを掃除している時に、

ちょっと、傷が入ってしまって、

へこんでいた所です。

普段は、目立たなくていいのですが、

印刷する時に、開くところがあるのですが、

その時に、傷がちょっとばかり、

見えてしまいます。

ま、過ぎたことは仕方ないのですし、

そのことを今、ここで、書いてからは、

あまり、気にならなくなって来ました。

あまり、気にしないようにしたいと思います。

 

それで、昨日は、年末ジャンボ宝くじ発売日の最終日でした。

大安ということもあって、

最後にいつ買ったかもわかりませんが、

今回は、宝くじを購入することにしていました。

トイレ掃除を済ませて、風呂に入って、

身体をきれいにして、いつになく、

真剣に心の準備を整えました。

畑で水やりを済ませ、平常心で臨むことにしました。

売り場は、駅の向こう側。

自転車で、10分ぐらいの所にあります。

バラで10枚。それだけを決め、

自転車をこいで、街へと向かいました。

途中、何も考えることなく、

駅の向こう側へと進んだのですが、

誰もいない、宝くじ売り場を想像していました。

ところが、駅の向こう側へ、自転車で回ると、

なんと、宝くじ売り場には、長蛇の列が。

「へー、みんな、結構、宝くじ買うのだなあ。

やっぱり、今日が最終日だからかなあ、

それとも、大安が重なったからかなあ。」と想いながら、

自転車を道に止めようと思いました。

しかし、鍵がついていない自転車を歩道に止めるのは、

心許なかったので、駐輪場に止めに行きました。

ここは、2時間無料で、ロックもついているので、安心です。

西友の玄関口にある、売り場へ向かうため、

店の中を通り抜けて、列へと並びに行きました。

最後尾に、スタッフの男の人が、看板を持って、立っていたので、

何分ぐらい待つのか聞いてみました。

「20分くらいですかね。」という答えに、

「へー、以外と、かかるものだなあ。」と思いました。

待っている間、前方に並んでいる、親子を見ていました。

夫婦と、小学生くらいのお兄ちゃんと幼稚園児くらいの妹さんで、

来ている家族連れでした。その会話や振る舞いが見ていて、なんとも、

無邪気で、癒やされるものでした。

兄弟で、お父さんや、お母さんに抱きついていたり、お兄ちゃんが

「僕が先にお母さんから生まれて来たんだぞ~。」なんて、

妹さんに言って、妹さんもそれを聞いて、

楽しそうに笑っていたりして、

なんともほほえましい光景でした。

自分も将来、あんな風な家族を築きたいと思いました。

 

自分の順番が来て、宝くじを購入しました。

その受付の中年の女性の方が、まあ、幸せそうな顔で、

対応してくれて、さすが、宝くじ売り場の方だけあって、

これからの幸運を、祈ってくれるような対応の仕方だなあと感心しました。

僕も嬉しくなって、「よいお年をお迎えください。」と伝えたところ、

その女性は、予期していなかったような対応で、

僕にも「ぜひ、よいお年をお迎えになってください。」と笑顔で言いました。

僕も心地よく、笑顔で「ありがとうございます。」と言って、

その場を後にしました。

帰り道になんだか、

「今日は、運が向いているなあ。」という気持ちになりました。

最後、コンビニで、あの、無類の人間好きの店員さんにも会って、

会話を交わしました。「宝くじ買われたのですね。」

彼女は、そう言って、僕の長財布の中にある、

宝くじに気づいていました。

「そうですね。」

今日は、いつもより、人と触れ合う機会が多くて、

宝くじを買いに行って、すでに、幸運をいただいたような、

感謝の気持ちになりました。

明日は、クリスマス。

皆さんにも、多大な幸運がありますように。

f:id:ms-present:20161224105049j:plain

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー