A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

夢中になること、文章を書くこと。

みなさん、こんにちは。みっくんです。

昨日は、たくさんのお祝いコメントや、ブックマーク、スターを

ありがとうございました。

無事、累計アクセス5,000回を達成することができました。

これを励みにまた、ブログを更新していきたいと思っています。

 

今日、僕は、石原加受子さんの「お金に愛される人、お金に嫌われる人」を

読んでいて、お金持ちになるこつとして、自分のやってて夢中になることをすると

あったのですが、僕にとってやってて夢中になることって何だろうなと

考えていました。やってて楽しいこと。

その一つに、日記を書くことがありました。日記は、そもそも、幼稚園の頃、

書いたのが最初で、小学生や中学生の頃もつけていました。

そして、大学生から社会人になっても日記をつけていました。

大学で、東京に出てから、会社を辞めるまで、19歳から27歳まで、8年間、

日々の出来事や思ったことを書いていました。

それは、恋愛のことや、悩み事、当時の目標まで、事細かに書いてあります。

今となっては、当時のことを振り返ることのできる、貴重な財産となっています。

僕は、作文が非常に苦手意識が強くて、

何を書いていいかわからなかった想いが強かったのですが、

日記だけは、楽しみながら、つけていたのを覚えています。

それが、今の、ブログの文章を楽しみながら、

書いていることにもつながっているのかもしれません。

 

そこで、今日は、自分中心心理学オールイズワンで、14年前、会社を辞めた後で、

僕が当時の会報誌に書いた文章をそのまま、掲載しようと思っています。

今、ブログで文章を書くことになっている、原点とも言えるべき文章です。

この時から、自分のことを文章で表現することの喜びや、

楽しみを始めていたのかもしれません。今につながるものがあります。

題名は、実感することです。それでは、読んでください。

 

実感すること

 

 今日は、先生のアドバイスを受けて、自分の興味・関心事を広げるために、

外出しました。家から自転車に乗って出発しました。

途中で、坂を一気に駆け下りる時、風がとても気持ちよく、

さわやかな気持ちになりました。

 しばらくして、道路の脇にあるお店の前で、

作業をしているおじさんを見かけました。おじさんは、紺色で、つばが小さい帽子に、

同じ色のエプロンをして、黙々と商品を陳列していました。

僕が自販機でタバコを買い終えて前に進もうとした時に、

おじさんがこちらを向きました。

 僕は、それだけで温かさを感じ、喜びの気持ちが沸き起こってきました。

そのときは声を掛けられなかったけど、「こんにちは」とあいさつをしたかったし、

話したかった。

 しばらく自転車に乗って街の方に行きました。ゲームセンターでゲームをした後、

再び自転車に乗ってペダルをこぎ始めました。

 出発した時の天気は曇りでしたが、雲の谷間から、太陽の光も差し込んできて、

辺りは明るくなっていました。

 にぎやかで、楽しい気持ちになりました。

 道を左に曲がり、ゆっくり進んでいると、左手には駅があり、

踏み切りには遮断機が下りていました。僕は自転車に乗ったまま、

電車が通るのを待ちました。

 しばらくすると、視界の右側から、

シルバーに赤のラインが入った電車がゆっくりと、大きな音を立てながら、

こちら側に近づいてきました。間近で見る電車は、とても大きく感じ、

黒くすすけた車輪や、剥き出しの機器類がとても無骨に感じました。

 電車が通り過ぎた後、ふと僕は、目の前に、とても美しい青空と、

お寺に植えられた緑が青々と茂っている、背の高い樹々に気づきました。

 僕は、心がとても満たされた気持ちで一杯になりました。

 

これでおしまいです。いかがだったでしょうか。当時、石原加受子先生や、

オールイズワンの会員の方、そして、父にも評価してもらったのを覚えています。

自分を中心にして、感覚を育てると、

こんなに豊かな世界が広がっていたのかということを

まざまざと感じた当時の自分の文章でした。

皆さんも寝食忘れて、夢中になっていた時のことを思い出して、

それに取り組んでみると、新たな発見があるのかもしれませんね。

何事も、自分がやっていて、楽しいことを、積み重ねて行くことが、

成功や、より豊かな未来を創り上げて行くに違いないと感じています。

ぜひ、やりたいこと、やっていて楽しいことをやってみてください。

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー