読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

口出す人への対処法、「しつこい怒り」が消えてなくなる本を読んで。

自分中心心理学

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日は、昨日読み終えた、

「しつこい怒り」が消えてなくなる本の感想を書こうと思います。

実際、読み終えただけで、自分の怒りが軽くなっていることに気がつきました。

そこで、気になる箇所だけ、引用しながら、記事を書いていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

「第4章これでどんな人ともうまくいく!会話ルール」に次のような例がありました。

P166

Bはプレゼンテーションの直前に、Aから、

こんなふうに忠告されました。

A「その内容じゃあ、まとまってないから説得力に欠けるわよ。

ここをもっと、絞り込んで詳しく説明したほうがいいわよ」

B「(困惑しながら)ええ、まあ。はい、でも・・・・・」

みなさんでしたら、Bの立場だったときにどういう風に答えているでしょうか。

こういう風に口出しされた時に、あいまいな答え方をすると、Aは、ますます

B(あなた)にお節介を焼くことになると、この本には、書いてあります。

それは、Aの無意識の目標が口出しすることで、

B(あなた)の優位に立つことだからです。なので、例のような受け答えだと、

その後も、Aは、次から次へと口出しをしてくることでしょう。

B(あなた)の気持ちとしては、どうでしょうか。

そんな大事なことを直前になっていうなんて、どうしろと言うんだ、と

怒りがこみ上げたり、混乱したりするかもしれませんね。

そこで、自分中心的には、どう答えるのでしょうか。

ここには、こう書いてあります。

P169

 A「その内容じゃあ、まとまってないから説得力に欠けるわよ。

ここをもっと、絞り込んで詳しく説明したほうがいいわよ」

B「ありがとうございます。でも、いま言われると、

混乱してしまうんですね。いまから大きな変更するのは無理なので、

自分の組み立てた通りにやってみます。」

どうでしょうか。このように自分の気持ちや感情を言語化して、

それを伝えると、自分が満足すると書いてあります。さらに、

自分の組み立てた通りにやってみます。と意志も伝えているので、自己完結し、

相手も、これ以上口を挟めないとここには、書いてあります。

僕も相手に口出しされて、その関係が嫌になった時には、自分を基準にして、

明確な意志をもって、気持ちよく断りたいと思いました。

そのことで、人のせいにして、腹を立てたり、文句言ったりしても、

自分が傷つくだけですから。

このように、自分中心心理学では、具体的な一場面を拾って、そこで、

自分が何を感じて、どういう気持ちになって、行動するかを大切にしています。

たまりにたまった怒りも元を正せば、

一場面、一場面の積み重ねであるということです。

あなたが、もし、被支配的な態度をやめて、

自分が満足できる自分表現ができたならば、それが100%に近ければ近いほど、

達成感や自負心を覚える事になると本書には書いてあります。

その時には、相手に「揺るぎない自信」をもった印象を与えるということです。

最後に引用して、締めくくりたいと思います。

P170

つまり、あなたが自分のために満足できる言語を使えば、

それが結果として、支配的な相手を退けることになる。

こう言うことができるのです。

いかがだったでしょうか。

相手は、自分の優位性を保つためにやってくることなので、それに対して、

自分を表現することが、相手との力関係が崩れ、場合によっては、

逆転するとここには記されています。

もし、こういったことで困っているなら、具体的な場面を見つけて、

自分の感情や気持ちに気づいて、それを言語化して、

自分の意志を言葉にしてみてください。

余計な怒りで振り回される分量が大幅に減るに違いありません。

ぜひ、参考にしてみてください。 

books.rakuten.co.jp

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー