A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

相手のためにしてやっているは、自分のためにならない。

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日も佐賀は、快晴です。

気持ちのいい朝を迎えることができました。

 

今日は、自分が負担になっていて、

きつくなっていることをやめるということについて、

考えていきたいと思います。

 

僕は、つい、というか、気づいたら、

相手のためにしてやっているということをしてしまっています。

例えば、飲みに行くのに、

わざわざ反対方向の友人の家まで、

うちの車で迎えに行って、

一緒に行ったりするということです。

現地でおのおの集合すればいいのに。

なぜ、こんなことをするのかというと、

相手に見返りを求めているからなのです。

喜んでもらいたくて、

やっているというよりは、

相手に愛をもらいたくて、

やっています。

じゃあ、それで、相手のほうが、

僕のために何かするのかというと、

何もしてくれません。

自分一人で、飲みに行きたい時は、

自分一人で飲みに行きます。

一度も誘われたことがありません。

完全な独り相撲です。

僕は、愛されたくて、

やっていることなのに、

見返りが少ない。

こんな関係性を人と築いてしまいます。

だから、人のためにやってやるということを

やめていく必要があるなと思いました。

「しつこい怒り」が消えてなくなる本にも

こういう風に書いてあります。

P214

もしあなたが、相手のことをはなはだ非常識と感じているとしたら、

それはあなたが、

相手をそういうふうに育ててしまったのかもしれません。

「こんなに協力してあげているのに。こんなに尽くしてあげているのに。

こんなにやさしくしてあげているのに。

こんなに面倒をみてやっているのに」

などと、あなたが”してやっているのに”状態に

陥っているとしたらなおさら、あなたは相手のためにやり過ぎています。

僕もこれに当てはまります。

典型的な、してやっているのに状態でした。

実は、この心境は、

相手に見返りを求めていました。

これだけ、やってやってるんだから、

あなたも僕にちょうだいよってね。

端から、見返りを求めてやっていて、

相手がそれに応えないと、

「今までしてやったのに。」とがっくりくるわけです。

最近の自分がまさにそんな状態です。

そんな状態が、ここ2,3日続いています。

今日は、例で、車の送迎について、書きましたが、

相談やアドバイス、その他に至るまで、

ありとあらゆる所で、この、

してやったのにが、顔を出します。

僕は、なんて、業の深い人間だろうと自分で、

思ったりもします。

そういう時は、相手のためにと思いながら、

内実、自分がもらうためにしているような状態になっているので、

これから、気をつけたいと思いました。

最後に本から、引用して、

終わりにしたいと思います。

P219

もっと小さな場面で心は通じ合う

あなたが職場でパソコンに向かって、

自分の仕事に何時間も没頭しています。

同僚が奮闘しているあなたに気づいて、声をかけました。

「大変ね。ご苦労さま。コーヒーでもいかが?」

「いまは、いらないかな、ありがとう」

「わかった。休憩したくなったら、いつでも声かけてね。

お茶菓子もあるから」

こんな小さな場面で、

お互い、相手のことを大切にできるのですね。

押しつけるわけでもなく、

相手のことを尊重し、やさしく、声を掛ける。

暖かな気持ちで包まれますよね。

僕もこんな風に人に接したいと思っています。

P221

しかも、こうして「愛を感じ合う」ことは、無理をしないからこそ、

何千回でも何万回でも継続的に実感することができるのです。

無理のない範囲内で、人と協力し、

愛を感じていく関係を築いて行きたいものですね。

 

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー