ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

満足感を味わっています。~石原加受子さん、お金に愛される人、お金に嫌われる人を読んで~

f:id:ms-present:20170209134514j:plain

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日も寒い1日となりましたが、

みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。

昨日は、夜に、少々、心細かったり、不安になる時がありましたが、

今日は、とても、穏やかに、ゆっくりくつろげています。

できるだけ、そんな時間を過ごしていきたいと思っています。

 

今日は、石原加受子さんの著書、お金に愛される人、お金に嫌われる人を

読んでいました。

お金持ちになりたいかどうかは、別にして、気持ちが穏やかで、

心の豊かさを実感しながら、本書を読み進めている自分がいます。

僕は、お金のためにあくせく汗水を垂らして、働くよりは、

自分の時間を大切にして、ゆっくりと過ごしたい欲求の方が上回っています。

そんな自分なので、今は、このスタイルで、いいと思っています。

毎日を自分のペースでゆっくりと過ごすことで、

豊かな未来を一瞬一瞬創り出していっていると思っています。

 

一応、誤解のないように付け加えておきますが、

お金がいらないといっている訳では、ありません。

今は、収入は、少ないですが、将来、自分のやりたいことをやるだけの収入は、

確保したいと思っています。

そのためにも今は、自分のやりたいことに集中して、

お金を貯めるだけの実感を蓄財していると言えば、いいのかもしれませんね。

そんなことを書いてある本です。

せっかくなので、僕が面白いと思った箇所を紹介したいと思います。

今日紹介するのは、

P176 LESSON21 恋人と向き合う気持ちで一枚一枚お金を数える です。

P176

数字の把握は、

脳の働きでいえば論理的思考や言語をつかさどる左脳の働きです。

けれども、左脳で数字だけ追いかけていけば、

お金はあなたの目の前をどんどん素通りしてくだけでしょう。

蓄財能力は論理ではなく感情の領域に属しています。

満足感や充実感を味わう感度が高い人ほど、蓄財能力も高くなります。

資産家は感情のレベルで、ちゃんとお金と向き合っています。

お金を数える時に、自分が出ると言っています。

普段、どんな心境で、お金を数えているか。気にもとめずに数えているのか、

しめしめと舌なめずりしながら、数えているのか、肩をすくめて、

こそこそと数えているのか。

この時のお金との向き合い方で、蓄財能力が高まると言っています。レッスンです。

実際に本物のお札を数えることにします。

 P177 

今日からは、一枚一枚、丁寧に、

「大好きな人や恋人」と向き合っているような気持ちで数えましょう。

正面から堂々と「あなたを愛しています」という気持ちで数えながら、

その愛する気持ちを味わいましょう。

一枚一枚、数えながら味わい、その心地よい余韻に浸りましょう。

財運感度を高めるには、この実感が大切です。

これが”お金と向き合う”ということです。

いかがだったでしょうか。

これがお金の数え方で財運をアップさせるということだと

このレッスンは教えてくれます。

僕もこのレッスンをしてみて、お金を見つめると、あってくれて、

ありがたいという気持ちになりました。

お金と対等に付き合っている感覚と言ってもいいですね。

こうやって、今できることをやっていって、満足感を味わっています。

それが、今から始まる、未来への豊かさの実感の種まきをしている感覚を

育てていっている気持ちになっています。

今日は、満足感を味わっているというお話でした。

どうもありがとうございました。 

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー