読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

心温まる文章~石原加受子さん「ほんとうの強さってなんだろう?」のご紹介~

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日の佐賀の朝も、

過ごしやすい気温となりました。

桜も福岡で、開花宣言があったので、

佐賀も咲き始めていると思います。

今年も花見に行きたいものです。

 

今日は、石原加受子さんの著書、ほんとうの強さって何だろう?

モヤモヤ・クヨクヨが消えてなくなる12のレッスンより、

文章を紹介したいと思います。

この本は、本編が117ページと、

薄くて、読みやすい内容になっています。

僕も、数日前に買ってから、

あっという間に読んで、

これまでに、2回ほど、通読しました。

とても、わかりやすく、

平易な文章で書かれているので、

みなさんにもお勧めします。

心にすーっと入ってくる文章です。

僕が一番、心に残った箇所を紹介したいと思います。

それでは、どうぞ。

P83

Lesson9 「自信」ってどういうこと?

 

いまの私は、ほんとうの私じゃない気がする。

 

あのころは、もっと私は、

元気があって、

平気で人と話ができて、

立ち止まることも知らずに行動してて、

 

あのころの私のほうが、ほんもので、

いまの私は、ほんとうの私じゃない。

 

自分に自信をなくしているとき、

あなたは、そんなふうにつぶやく。

 

そして、いまの私を、ほんとうのわたしじゃないと、

あなたは否定したがる。

 

元気があるときの私は認めるけれども、

元気のない私は認めたくない。

 

そうやって、あなたは自分を否定する。

 

でも、どうして元気のない私であってはいけないのだろう?

自信をなくしている自分であってはいけないのかなあ。 

 

中略

 

自分を信じるって、人に勝ることじゃない。

 

自分の弱さも知っていて、

元気がないときの自分も認めて、

それにOKを出している。

 

こんな感じが自信だったら、

どんなときの私もほんとうの私だって言えるし、

それでOKだって言える。

 

これが自信ってことなんだよ。

いかがだったでしょうか。

最近の僕は、元気がないことがあって、

いつも、元気があったと思う時と、比べていました。

どうして、こんな風になっただろう。

前は、明るく、元気に人と話していたのに、と

今の自分を否定していたのかもしれません。

この文章を読んで、本当の元気は、

今の元気がない自分を認めることから、

始まるのだなと思いました。

人に認めてもらっているから、

人に勝っているから、

自信があるわけじゃなくて、

今のそのままを認めることが自信につながるのだと

この箇所を読んで、思った次第です。

そう思って、今の自分を肯定しようと思っています。

みなさんも、自信がなくなった時には、

周りと比較するのは、やめて、

今の自分の状態をそのまま受け入れることをお勧めします。

それこそが本当の自信につながる第1歩だと確信しています。

今日は、心温まる文章を紹介させていただきました。

この文章が何かしら、

みなさんのお役に立てることを願っています。

 

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー