A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

自分中心心理学~選択の責任その2~

みなさん、こんにちは。みっくんです。

昨日の記事、自分中心心理学~選択の責任~は、

いつもより、たくさんの方に見ていただきました。

 

ms-present.hatenablog.com

 

そこで、今日は、選択の責任のその2として、

石原加受子さんの「人生を楽に生きるための本」より、

さらに例題を紹介したいと思いますので、

一緒に考えて行けたらと思っています。

ご覧になってください。

 

P102

その責任は誰にふりかかるのでしょうか 

それは誰が選択したのでしょうか。それを選択したことで、

最終的に責任を取るのはだれでしょうか。

具体的に困ったり、迷惑するのはだれでしょうか。

①母親がおしゃれをしないので、

 私はみっともないと思う。

②母親と一緒に出掛けると、態度が厚かましいので、

 僕が恥ずかしい。

③夫がなかなかお風呂にはいらない。

④夫がなかなか朝起きない。起こすのが大変だ。

⑤恋人の服のセンスが悪い。

⑥恋人が服の趣味を押しつけるので、私は嫌になる。

⑦恋人の食事の仕方が下品なので、

 私はレストランで恥ずかしい。

⑧子どもが勉強しないので、私は心配だ。

⑨子どもが夜更かしをする。

⑩妻がPTA仲間と夜遊びをするので、世間体が悪い。

いかがでしょうか。これを選択の責任を明確にして、

対処するとどうなるでしょうか。

考えてみてください。

明確にして対処するとこうなります。

P102

①《母》 「私がみっともない」と思うのは「私」の勝手ですが、

 それは母が選択したことで、

 「私」が母をとがめることはできません。

②《母》 「僕が恥ずかしい」と思うのは「僕」の勝手です。

 そんな母と出掛けるか出掛けないかが「僕」の選択です。

③《夫》 夫は汚くしているのが好きなのかも知れません。

 それは夫の自由です。それによって具体的に、

 夫婦生活に支障をきたすというようなときに初めて、

 あなたと夫の二人の問題になります。

④《夫》 朝起きなくて会社に遅れるのは、夫の責任です。 

 基本的には、あなたが夫の責任を引き受ける必要はありません。

⑤《恋人》 恋人のセンスが悪いからといって、

 あなたが具体的に迷惑がかかることではありません。

 自分の服装の趣味を恋人に押しつけることはできません。

 むしろ、そんなセンスの悪い恋人を、

 あなたが好きでいるかどうかがあなたの選択です。

⑥《私》 恋人が服の趣味を押しつけようと、

 それを受け入れるかどうかは「私」の選択です。

 でも、それを嫌だと思っている「私」がいます。

 こういう場合は、恋人に無理にあわせようとしないで、

 「服の好みが合わない私を好きになって」と自分を認めることができる

 「私」でいて欲しいと思います。

 恋人が服装の趣味の違いにうるさく言おうと、

 それは単に恋人の意見にすぎないのですから。

⑦《恋人》 レストランで恥をかくのは恋人であって、

 あなたではありません。恋人はもしかしたら、自分が恥をかくことで、

 「もっとスマートに食事ができるようになろう」と

 考えるかも知れません。でも、そんな「下品なところがある恋人」を

 好きでいるかどうかが、あなたの選択です。

⑧《子供》 勉強しないことの責任を負うのは子供自身です。

 それに対して勝手に心配している母親がいます。

 心配すれば子供は勉強するようになるでしょうか。

 心配のあまり口やかましく言われる子供は

 どういう気持ちになるでしょうか。

 「子供の勉強のことなんか、ほっとけ」と

 言っているわけではありません。

 でも、親自身が、「勉強するかどうかの選択は子供にあるんだ」という

 自覚をもっていれば、

 つい詰問者になってしまう回数が減るのではないでしょうか。

⑨《子供》 夜更かしをして朝起きるのがつらくなるのは子供です。

 つらくても、夜更かしの責任は子供自身が取らなければならないことを

 学ぶチャンスです。

⑩《妻》 世間体が悪いと思うのは、夫の勝手です。

 それは妻の責任ではありません。

 妻は世間体のことは気にしていないかも知れません。

 妻が夜遊びすることで、

 夫が具体的に迷惑をこうむることがあるでしょうか。

 具体的に夫が迷惑をこうむるときに、

 妻との話合いが必要となるでしょう。

いかがだったでしょうか。

昨日の例に加えて、さらに例題を紹介しました。

選択の責任を見極めると、

相手の煩わしい問題から、

解放されると思います。

あなたが悩んでいることや苦しんでいることの大半が

相手の選択や自分の選択のラインを超えることから始まっていると言っても、

過言じゃないと思います。

選択の責任を見極めて、相手の選択を尊重することができれば、

悩みも半減するに違いありません。

もしよかったら、

この選択の責任というものの見方を取り入れてみてください。

 

以上、自分中心心理学~選択の責任その2~でした。

 

読んだ方は、続きもどうぞ。

ms-present.hatenablog.com

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー