ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

石原加受子さん「離れたくても離れられない人との距離の取り方」を読んで。

みなさん、こんにちは。みっくんです。

昨日は、歯医者さん最終日でした。

歯茎をチェックして、

昨日の朝、

はがれた詰め物の場所を処置してもらって、

もう1カ所、コーティングをして、

終わりました。

半年後に、定期検診に行きます。

それまで、虫歯のないようにしたいものです。

 

昨日から、父が沖縄に出張していて、

今日、帰ってきます。

飛行機が嫌いなので、

怖かったと思います。

僕も最近、飛行機に乗っていないので、

乗ることを考えると、緊張します。

昔は、平気だったのですけどね。

仕事をしている時は、出張で、

全国を飛び回っていました。

北は、北海道から、南は、九州まで。

月に多い時は、9割以上家を空けていたこともあります。

懐かしい思い出です。

 

今日は、石原加受子さんの本、

離れたくても離れらない人との距離の取り方から、

少しだけ引用したいと思います。

普段、ゆっくり過ごしている僕ですが、

そのことを後押ししてくれるような箇所があったので、

そこを紹介したいと思います。

P218

たとえばあなたは、独りで過ごす1日を、

どれだけ満足して過ごすことができるでしょうか。 

その時間は?

その満足感や充実感の質や量は?

あなたが独りでいるときに感じる満足感や充実感の時間、

その質と量は、

そのまま、あなたが相手と一緒にいるときのそれと等しい

言えるでしょう。

なぜなら、その満足感や充実感は、

相手によってもたらされるものではなくて、

「あなた自身が満足感や充実感を覚える」その、

あなた自身の”感度”の高さ、精度の良さによるからです。

いかがだったでしょうか。

僕は、この文章を読んだ時に、

今の自分のことを後押ししてくれる文章だなと思いました。

自分一人でも、満足感や充実感を味わえると、

人といる時にでも、満足感や充実感を味わえるようになるということです。

自分中心になってくると、人に依らなくなってきます。

自分の満足感や充実感を人に求めなくなってきます。

自分で自分のことを満たすことができるようになってくるからです。

僕も一人でいる時に、リラックスすることを心掛けたり、

疲れたら、休憩したりして、自分のことをいたわるようにしています。

そのことが、満足感や充実感につながり、

人といる時にでも、その感覚で、

一緒にいることができるようになっています。 

みなさんも人に依るのではなくて、

自分を頼るようにしてみてください。

人に振り回されたり、イライラすることが減ると思いますよ。

ももっと自分中心になって、快適な日常を過ごしたいと思います。

 

それでは、今日もゆっくりとリラックスして、1日を過ごしたいと思います。

みなさんも快適な1日をお過ごしください。

 

以上、石原加受子さん

「離れたくても離れられない人との距離の取り方」を読んで。でした。

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー