A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

成功する人、しない人との決定的な違い 1~石原加受子の光と波のきろくより~

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日は、石原加受子の光と波のきろくより、

面白い記事を見つけたので、

紹介したいと思います。

それでは、読んでみてください。

 

成功する人、しない人との決定的な違い 1

 

成功する人。お金持ちになる人。愛し合える人。

自分の目的がどれであっても、構いません。

うまくいく人とそうでない人との決定的な違いがあります。

うまくいく人は、「目標」のほうに焦点が当たります。

うまくいかない人ほど、「人」のほうに焦点が当たります。

この分量の違いによって、成否が決まります。

原則は簡単です。

だから即、実行すれば、うまくいくでしょう。

ところが多くの人が、

「理屈ではわかっているけれども、できない」となるでしょう。

例えば、あなたは、あなたの眼から「怖そうに映る人」から、

自分の必要な物を借りなければなりません。

こんなとき、「目標」だけに焦点を当てることができる人は、

どんなに怖そうに映る人であっても、

丁寧に頭を下げて、それを借りることができるでしょう。

けれども、「人」に焦点が当たってしまう人は、

どうしても、その怖そうな人の態度や表情が気になってしまいます。

怖そうに映る人に否定されれば、

身を縮めて差し出した手を引っ込めるでしょう。

怒鳴られれば、怖くて「貸してください」と言うこともできません。

怖くて、最初からそれを借りることを諦めてしまうかも知れません。

人によっては、「戦闘モード」で望んで、

余計に、相手の逆鱗に触れることになるでしょう。

ところが、怖いという気持ちを抱いていると、

相手を気にするから、

いっそうぎこちない態度を取ってしまい、

「自分が恐れる通り」の結果となりがちです。

反対に、「目標」に焦点が当たる人は、

相手を気にしないから、

普通の態度で接することができます。

「怖そうに映る人」の眼から、

そんなあなたを見ると、

あなたのそんな態度が友好的に映ります。

だから、「目標達成する」確率もぐんと高くなります。

このように「人」を気にする人は、

ますます人を気にして、

悩みを増やしていくだけとなるでしょう。

他方「目標」に焦点が当たる人は、

ますます自分の目的達成を目指し、

また実現させていくことになるでしょう。

「うまくいく法則」は、実にシンプルです。

にもかかわらず、

「誰もが実行できるわけでもない」のはどうしてでしょうか。 (つづく)

 

いかがだったでしょうか。

上手く行く人は、目標に焦点が当たっているのですね。

わかります。

上手く行かない人は、人に焦点が当たっているのですね。

なぜ、上手く行かない人が人に焦点が当たるかは、

次回の記事をお読みください。

そこに、答えが書いてあります。

楽しみにしていてください。

 

以上、成功する人、しない人との決定的な違い 1

~石原加受子の光と波のきろくより~でした。

 

 

ms-present.hatenablog.com

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー