A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

自分らしく生きるをテーマに、記事を書いています。

僕が子供の頃は、一億総中流社会と言われていた。

みなさん、こんにちは。みっくんです。

ブログに訪問していただきまして、

ありがとうございます。

 

現在、社会は、

格差社会になったと言われるようになって、

久しいですね。

 

僕が子供の頃は、

一億総中流社会と言われていました。

 

子供の頃、僕の実感としては、

うちは、金持ちでもないし、

貧乏でもないなと思っていました。

 

父の年収を聞いたことがあったので、

そんなもんなんだと思っていました。

 

なので、当時、日本のことを言う時に、

一億総中流社会と言われてることに対して、

確かにそうだなと思っていました。

 

翻って、現在ですが、

冒頭にも書きました通り、

格差社会と言われています。

 

僕の記憶が正しければ、

これは、21世紀になった頃に、

指摘する人は、いました。

 

このままでは、日本は、

格差社会になると。

 

それに対して、

当時の政権側の人達は、

そんなことは、ないと言っていました。

 

ところが、どうでしょう。

あれから、20年近く経ちましたが、

今の日本は、格差社会になっています。

 

富める人は、どんどん富み、

貧しき人は、ますます貧しくなる。

そんな社会になっていると思います。

 

これは、なぜでしょうか。

 

一つに、そのような政策が実行されてるからだと思います。

 

終身雇用制度が崩れ、

非正規社員が増えてるのは、

社会の仕組みが変わったからです。

 

それは、意図的に、

そのような社会にするための政策が実行されてるんです。

偶然では、ありません。

 

一部の人が富を独占し、

大多数の人が豊かになれない社会のシステムになっています。

まるで、収奪されているかのようです。

 

働けども、働けども、

豊かにならないのは、

そのシステムに組み込まれているからです。

 

この20~30年の間、

世界の先進諸国で、

日本だけが賃金が上がってないと言われています。

 

よその国では、賃金が上がってるのにです。

 

政府の政策によって、社会の仕組みが変わり、

それが僕たちの生活に影響してるということです。

 

例えば、税金にしても、

僕たちの生活に関わることにほとんど、

税が課されていますよね。

 

こんなにあるのと言うくらい、

ありとあらゆることに税金が課されています。

 

そういった所から、

見直すのも大切なことじゃないかと思います。

 

僕たち、一人一人の声を大事にして、

行動することで、

社会は、変わっていくのだと思います。

 

これから先は、自分たち一人一人の生き方が問われています。

 

そんな社会に迎合するのか、

それとも、おかしいなと思ったら、

その声を大事にするのか、

僕たちにできることは、

たくさんあると思います。

 

まずは、自分の身の回りから、

できることを実践していきたいですね。

 

一人一人の小さな一歩が

大きな違いを生み出すことになると思います。

 

僕たちのほんの小さな想いが周りの人達に影響し、

大きなうねりとなって、とてつもなく、

大きなことを成し遂げるに違いありません。

 

自分の想いを大事にしていきたいですね。

 

それが社会を変える第一歩になると思います。

 

以上、僕が子供の頃は、一億総中流社会と言われていた。でした。

 

最後まで、読んでくださって、ありがとうございました。

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー