A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

  日々の雑感や出来事を書き綴っています

庭の水仙

みなさん、こんにちは。みっくんです。

いつもブログに訪問していただきまして、

ありがとうございます。

 

先日、うちの庭の白梅と紅梅をご紹介しました。

 

ms-present.hatenablog.com

 

ms-present.hatenablog.com

 

紅梅を紹介した時に、

今度は、花桃が咲くと言いました。

 

しかし、この前、気づきました。

うちは、庭と外のブロック塀の所に、

水仙が咲いていました。

f:id:ms-present:20200306091308j:plain

 

初め、名前がわからなかったので、

家人に聞きました。

黄な(きな)水仙と言いました。

 

そこで、ネットで調べましたが、

黄な水仙では、検索結果にヒットしませんでした。

そこで、今度は、水仙で調べた所、

この写真と似たような画像が出てきました。

あ、これで、水仙なんだとわかりました。

 

この写真の水仙は、

ブロック塀の外に咲いているのですが、

庭の中にも3か所くらい、水仙が咲いています。

とても、きれいですね。

 

花には、一年草多年草があります。

前に、庭の家庭菜園で育てたパンジーは、

一年草です。

一回、花が咲き終わると、

次の年には、花が咲きません。

しかし、水仙は、多年草なので、

毎年、花が咲きます。

不思議ですね。

 

話は、変わりますが、

花火も一瞬で、終わる打ち上げ花火もあれば、

長く続く、線香花火もあります。

 

どちらも魅力的ですが、

一瞬で終わる打ち上げ花火は、

何だか、儚い気もします。

線香花火は、派手さは、ないですが、

可憐に花を咲かせ続けます。

 

僕は、どちらの花火も好きですが、

選べと言われれば、

線香花火のようなほのぼのとした花火の方が

好きかもしれません。

一瞬で、終わるよりも、

じんわり、ほんわりと長く、

続くことの方が魅力を感じます。

 

花にしても花火にしても、

それぞれに、魅力がありますが、

僕は、水仙のように、

毎年、花を咲かせて、

線香花火のように長く、

光を放ち続けたいと思います。

 

みなさんは、いかがですか?

 

そんな所にも自分の個性が

現れるかもしれませんね。

 

今、改めて、水仙を見て、

そんなことを思いました。

 

以上、庭の水仙でした。

 

最後まで、読んでくださって、

ありがとうございました。

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー