読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

特別お題「おもいでのケータイ」2度落としたPHS

特別お題「おもいでのケータイ」

sponsored by KDDI

みなさん、こんにちは。みっくんです。

昨日は、日中は、暖かかったですね。

朝は、まだひんやりしますが、

こうやって、春が近づいてくるのでしょうね。

花見ができるのが楽しみです。

 

今日は、特別お題「おもいでのケータイ」について、

書いてみようと思います。

色々思い出がありました。

 

僕の携帯との出会いは、かれこれ、20年以上前になります。

PHSです。

当時、大学の寮に住んでいた僕は、出たばかりのPHSを買いました。

とても最先端を行っているような気がして、気分がよかったです。

街でも人が見ているような気がして、

「どういいでしょ。」という気持ちになっていました。

この頃は、まだ、携帯電話が普及していない時期で、

携帯の料金が高かった記憶があります。

PHSは、重宝しましたね。

しかし、事件が起きます。

夏に海に行った時に、その事件は、起きました。

江ノ島に海水浴に行ったのですが、

トイレで、中に落としてしまったのです。

便器じゃない、いわゆるぼっとんのような形状のトイレだったのです。

「まだ、間に合う。」そう思って、手を伸ばして、とろうとすると、

自動で水が流れてきました。

「あ~終わった。」

係員さんにその旨を伝えて、何とか拾ってもらおうとしましたが、

「もう、無理だね。」と言われ、諦めました。

とある夏の思い出です。

 

次に、最新のPHSをまた、買いました。

今度は、前回のに比べると、形が小さくて、お気に入りでした。

社会人になり、しばらくは、そのお気に入りのPHSを使っていました。

しかし、またも、災難に見舞われます。

ある時、外で、気づいたら、PHSがないのです。

すぐに気づきました。

「しまった。バスで落としたぞ。」

発車したバスが向こう側へ発車していきます。

おそらく、バスの中で落としたのでしょう。

バス会社に言えば、よかったのですが、

確証が持てなかったので、これも諦めました。

それからは、PHSを持つことは、やめました。

 

その後は、会社の携帯を持つことになりました。

当時の携帯は、縦長のもので、ケースに入れて、

腰につけるものでした。

それがちょっと格好良くも思えた時代でした。

しかし、技術の進歩は、早いもので、

その携帯もあっという間に時代遅れになりました。

仕事を辞めてから、2年間携帯電話なしで、過ごしたのですが、

一時期、携帯電話を持っていました。

しかし、お金がかかるので、解約をして、今に至っています。

 

ですから、僕は、携帯を解約してから、今年で13年目になります。

ガラケー全盛期もスマホが流行り始めても、

その期間は、1度も持ったことがありません。

携帯のない生活が当たり前になっています。

月々の料金を考えたら、

今手元に100万円あってもおかしくないのですけどね。

それは、ないですが、シンプルにお金がかかっていないという点において、

経済的ではあるかなと思っています。

今更ながら、ガラケーでも買いたいなと思うことがあります。

お金に余裕ができたら、

今度は、トイレにもバスにも落とさずに大切に使いたいと思います。

以上、特別お題「おもいでのケータイ」のお話でした。

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー