A Sky Blue Diary~想いをかたちに~

日々の雑感や出来事を書き綴っています。

小さな場面で自分を優先する~小さなお子さんがいる方へ~

f:id:ms-present:20170306075941j:plain

みなさん、こんにちは。みっくんです。

庭の紅梅が咲き誇っています。

庭に出ると、花の香りがして、みずみずしい気持ちになります。

花の香りを鼻から、一杯吸って、口から吐き出すと、

満たされた気持ちになります。

子どもの頃から、花に慣れ親しんでいると、

穏やかな子どもに成長するでしょうね。

春は、確実に近づいて来ています。

 

さて、今日は、小さなお子さんがいらっしゃる方へ、

紹介したい記事があります。

小さなお子さんがいると、そちらに時間がとられて、

ゆっくりできずに、疲れている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に、ぜひ、読んで欲しい記事です。

タイトルは、小さな場面で自分を優先するです。

石原加受子の光と波のきろくより、引用しています。

ご覧ください。

※太字の箇所は、僕が普段、自分のことを後回しにしている人に、

 気づいて欲しいと思ったところです。

 

小さな場面で自分を優先する

 

「小さなことで、話をするのが恥ずかしいのですが」

という前置きの言葉をよく耳にします。

自分の気持ちを表現するのはいいことだから、

そんな前置きが悪いというわけではありません。

けれども、実は、この「小さなこと」こそが、重要です。

なぜなら、そんな小さなことの中に、

自分の言動パターンがしっかりとあらわれているからです。

ですから、小さなことに気づくのは、いいことです。

むしろ、小さなことに気づいたほうが、早めに手当できるので、

問題が大きくなってからようやく気づくよりは、はるかに賢明でしょう。

いつも自分より人を優先する人は、家族の中でも、

ついつい、自分を後回しにしがちです。

例えば、スーパーで、「家族のための食料」を買っていました。

「あ、これは、夫が好きな物だ」で、すぐに手が伸びます。

「あ、これ、子供が大好物だから」で買い物かごにいれます。

そうやって、買っているうちに、

「家計を圧迫しそうだから、私の好きな物は、まあ、今度でいいかあ~」

もしあなたが、こんなふうに、つい自分を後回ししていたら、

どんな場面においても、あなたは、自分を後回しにしているでしょう。

一見、夫思い、子供思いの「主婦の鏡」のように見えるでしょうが、

果たしてそうでしょうか。

実際に、「相手ばかり優先してきた人」は、いま、幸せですか。

もし、そんな“自分を犠牲にする癖”がついていて、それをつらいと思うなら、

こんな小さな場面から「私を優先する」を始めましょう。

先ず、最初に、自分の好きな物を、かごの中に入れましょう。

これをレッスンするだけで、人を優先してしまう癖を改善することができるのです。

 

いかがだったでしょうか。

こんな小さな所からでも、学ぶことが一杯あるのですね。

自分を優先すると何か悪い気がするという人も中にはいるかもしれません。

それは、罪悪感ですね。

自分を優先するのに、罪悪感は、無用だと心得てください。

今まで、自分を後回しにしてきて、よかったことは、ありますか。

その積もりに積もった感情が、イライラになったり、

怒りになったりするのではないでしょうか。

ですから、このような小さな所で、自分を優先するレッスンを積むと、

だんだん、周りのことから解放されて、

自分らしく、活き活きと生きられるに違いありません。

ぜひ、今日から、こんなささいな所からでも、

自分を優先するレッスンをやってみてください。

つらかった日常に少し変化が見られるかもしれませんよ。

fuelcellworld.jp

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー