ms-present’s Sky Blue Diary~想いをかたちに~

みっくんの自分中心日記~ほのぼの時々心理学~です。

皮膚科の先生のお話~先日の背中の粉瘤(ふんりゅう)を取って~

みなさん、こんにちは。みっくんです。

今日の佐賀は、20度まで上がります。

暖かくなって、嬉しい限りです。

 

今日は、先日、背中の粉瘤(ふんりゅう)を取る時にお世話になった、

皮膚科の先生のことを書きたいと思います。

とても気さくで、親切で、安心できる方だったので、

このブログで紹介したくなりました。

その先生にしていただいた、

手術の時のことをお話ししたいと思います。

 

先日、背中にできた粉瘤を取るために、皮膚科に行ってきました。

3月27日の出来事です。 

ms-present.hatenablog.com

 

その日は、16時半から手術の予定でした。

病院に到着して、名前を呼ばれて、

先生の所へ行きました。

「緊張していませんか。」

先生にそう声をかけていただいて、

僕は、「緊張しています。心臓がドキドキします。」と答えました。

そしたら、

先生が「こちらでも、あまり、緊張しないように工夫してやりますので。」と

答えてくださいました。

手術の説明が終わり、手術室へ移動しました。

そこで、看護師さんとお話ししながら、

うつぶせの状態で、先生が来られるのを待っていました。

先生が入って来られました。

先生とお話ししているうちに、

だいぶ、緊張がほぐれている自分に気づきました。

色々、お話しして、まず、麻酔を打つことになりました。

麻酔を打つ前に、先生が「まず、第一関門ですね。」とおっしゃいました。

僕は、自分の緊張した気持ちに寄り添ってくださっている感じがして、

とても好感が持てました。

麻酔は、全然痛くありませんでした。

ほんとに、ちくっちくっとする位で

手術前に頭で考えていた、恐怖とは、全然違うものでした。 

手術をしている際に、色んなお話を先生としました。

僕がブログをやっている話や、

歯医者さんの話、舌のできもののお話もしました。

先生も医学的な観点から、

舌のできものを取る時のお話をしてくださいました。

手術中がとても楽しい時間となったのです。

話をしながら、手術するのが全然構わないという先生は、

ほんと、安心して、お任せできる方でした。

とても気さくにお話ししてくださり、

手術が終わる頃には、この時間が名残惜しくなっていました。

やる前は、気が重かった手術がこんなにも楽しい時間となるなんて、

想像もしていませんでした。

手術中に先生が僕のブログを見てくださると約束してくださいました。

僕も先生の勤める佐賀大学の皮膚科のFACEBOOKを見る約束をしました。

その日は、お礼を言って、手術は無事終わりました。

 

そして、昨日、抜糸に行って来ました。

その時に、先生とお話する機会があったのですが、

このブログを読んでくださっていました。

名前で検索して、探してくださったみたいで、

記事を読んでくださっていたので、嬉しかったです。

僕もFACEBOOKを見たことを伝えました。

また、先日、手術中に話した、

背中の粉瘤と歯の治療と舌のできものを取り終えると、

心が晴々とするという話も覚えてくださっていて、

「あと2つですね。」と声をかけてくださいました。

それも嬉しかったです。

 

ここまで来て、先生の名前と病院を紹介しないわけには、いきませんね。

佐賀市にある、ながせ皮膚科です。

先生の名前は、永瀬浩太郎先生です。

とても気さくに話してくださる、いい先生です。

皮膚のことで、悩んでいることがあれば、

僕は、こちらの皮膚科をお勧めします。

安心して、診察してもらえますよ。

僕も背中の粉瘤以外でも、

足のしもやけや低温やけどでも、

お世話になったことがあります。

何かあった時には、先生のお世話になりたいと思っています。

佐賀在住の方は、ながせ皮膚科のことは、

ご存じかもしれませんが、お勧めです。

永瀬先生、どうもありがとうございました。

www.nagase-skin.com

 

お問い合わせ

ブログへの質問、ご意見は、こちらからどうぞ。
お気軽に、お問い合わせください。

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

*お問い合わせ内容

Powered by FormMailer.

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー